Event is FINISHED

弁護士が法務を飛び出し、ビジネスの「主役」として活躍するには?

Description

弁護士がビジネスの世界で「主役」として活躍するにはどうすればいいか?を語るイベントです


弁護士は、ビジネスの「当事者」ではない
弁護士は、ビジネスの「当事者」ではありません。あくまで外部のアドバイザーであり、自らビジネスジャッジをすることも、経営責任を取ることもありません。その結果、企業経営について机上の論理では理解していても、経験・相場観を得る機会はほぼありません。また、法務機能の在り方についての議論が進み、戦略法務・攻めの法務の必要性が叫ばれていますが、事業を成長させて売上を作る部門に比べ、法務部門の経営に対する影響力が相対的に小さくなりがちなのは、企業の論理に照らして抗いがたいことも確かです。

投資銀行・コンサル等のプロフェッショナルにも遅れをとっている
現在では、投資銀行やコンサルタント、公認会計士出身のプロフェッショナル達が、アドバイザーを飛び出し、ビジネスの現場へと飛び込んでいます。そして、CEO、CFO、COO、経営企画といった経営者としてはもちろんのこと、BizDevやセールスなどを率いて大活躍しています。そして、これにより出身業界の評判が高まるだけでなく、活躍した人たちが、さらに自分の出身業界から優秀な人材をスカウトする、出身業界との交流が広がる、そして、出身業界の売上として還流されているというエコサイクルが形成されています。残念ながら、弁護士は、この流れから完全に取り残されてしまっています。司法試験の経験や弁護士としての矜持が、ビジネスサイドへの挑戦を思いとどまらせているのかもしれません。

しかし「主役」として活躍するポテンシャルを秘めている
しかしながら、弁護士が培ってきたプロフェッショナリズムは、ビジネスサイドで活躍する上で、圧倒的な強みになります。ルールの趣旨・本質を読み解いて次のアクションに繋げる力、精緻な思考力、質問力、アイデアを言語化する能力、未知の問題に取り組む姿勢などは、多くのビジネスマンにはない貴重な「武器」です。一度勇気をもってビジネスの世界に飛び込めば、他のプロフェッショナルに全く引けをとらないビジネスのポテンシャルがあると確信しています。

弁護士業界全体のプレゼンス向上のために
しかし、法務から飛び出し、ビジネスサイドに挑戦する人はほとんどいません。また、多くの企業は、弁護士に対して、ビジネスサイドのポジションを積極的に用意してくれるわけではありません。

そんな今だからこそ、あなたの目の前には、フロンティアとして突き抜ける千載一遇のチャンスが広がっています。そして、Holmesなら、弁護士の強みも弱みも知り尽くした弁護士出身の経営陣と共に、ビジネスの当事者として活躍できる舞台が整っています。弁護士出身者がビジネスサイドで活躍することで、未来の弁護士に多様なキャリアを提示すると共に、人材交流が活発になり、弁護士業界全体のプレゼンスの向上にもつながるはずです。これまで積み重ねてきた努力と思考力を武器に、ビジネスの世界で「主役」としていま、名乗りをあげましょう!



こんな人におすすめ

・次世代の新しい弁護士像を切り開きたい弁護士・司法修習生
・AI時代における新しい価値を模索しているパラリーガル
・法務から事業サイドへの転身を考えている法務部員
・何も考えず弁護士事務所に就職することに抵抗を覚えるロースクール生
 

会場・日時

・2019年11月11日(月)19:00 - 21:30(18:45開場)
・東京都千代田区大手町1丁目6番1号 大手町ビル6階 Inspired.Lab


スケジュール

第1部:パネルディスカッション(19:00-20:00)
マネーフォワードの事業成長を、創業期より財務から支え、2019年6月に米金融誌Institutional Investor社が公表した「The All-Japan Executive Team」で、Best CFO3位(金融・ノンバンク・その他領域)に選ばれるとともに、今年の9月よりマネーフォワードシンカの代表取締役として新たな挑戦を続ける金坂さんに、ビジネスサイドで活躍する上で重要な能力、経験、マインドなどについて伺います。

第2部:懇親会(20:00-21:00)
参加者に3テーブルにわかれていただき、登壇者の3名が20分ずつテーブルを回ります。ビールを飲みながらオフレコで聞きたいことをきいてみてください。

第3部:懇親会(21:00-21:30)
スタートアップのリアルについて、Holmesメンバーとざっくばらん話しましょう!

登壇者紹介

ゲストスピーカー:金坂直哉(かねさか・なおや)
マネーフォワード株式会社 取締役執行役員 コーポレートディベロップメント担当
マネーフォワードシンカ株式会社 代表取締役

2007年、東京大学経済学部卒業。ゴールドマン・サックス証券株式会社の東京オフィス、サンフランシスコオフィスにて約8年間勤務。テクノロジー・金融業界を中心にクロスボーダーM&Aや資金調達のアドバイザリー業務、ゴールドマン・サックスが運営する投資ファンドを通じた投資及び投資先企業の価値向上業務に携わる。2014年よりマネーフォワードに参画し、2015年から2019年までCFOを務める。2019年9月、グループ会社のマネーフォワードシンカ株式会社を設立、代表取締役に就任。

スピーカー:酒井貴徳(さかい・たかのり)

株式会社Holmes CEO室室長

2007年に東京大学法学部、2009年に東京大学法科大学院を卒業後、2010年に弁護士登録(第二東京弁護士会、63期)。2011年から西村あさひ法律事務所にて主にM&A案件に従事。2018年にバージニア大学ロースクールを卒業後、同年9月よりニューヨークのDebevoise & Plimpton LLPにて勤務。2019年にニューヨーク州弁護士登録。同年9月より株式会社Holmesに参画。

モデレーター:笹原健太(ささはら・けんた)
株式会社Holmes 代表取締役CEO

2008年、慶應義塾大学法科大学院在学中に旧司法試験合格。2010年に弁護士登録(第二東京弁護士会、63期)。2013年に弁護士法人PRESIDENTを設立。2017年に株式会社リグシー(現・株式会社Holmes)を設立し、契約マネジメントシステム「Holmes(ホームズ)」を提供。


登壇者(金坂)からのコメント

クライアントのために突き詰めて思考し、調査し、アウトプットを提供する弁護士業務の経験や法務の知識は、事業の主体になったときにも確実に土台になるスキルセットだと思います。弁護士業務の枠を越えて事業経験を積むことによって見えてくる世界は必ずありますし、そこからまた弁護士業務に戻ったとしても、よりクライアントに大きな付加価値を提供できる経験になるのではないでしょうか。 私自身は弁護士ではありませんが、フィナンシャルアドバイザリー業務からスタートアップのCFOを経験し、また現在フィナンシャルアドバイザリー業務に取り組んでいます。スタートアップのCFO時代には、ビジネスサイドの業務にも積極的に関わり、事業に対する解像度を大きく高めることができました。キャリアには「こうでないといけない」という決まりはないですし、情熱を持って取り組めるテーマがあるのであれば、弁護士の方がビジネスサイドに転じることは非常に素晴らしいチャレンジになると確信しています。



共同主催CoralCommunityについて

本イベントを共同主催しているCoral Communityは、スタートアップでのキャリアに興味がある方々と、Coral Capital(および前身の500 Startups Japan)の投資先スタートアップを繋ぐコミュニティです。メールマガジン、勉強会、採用イベント、飲み会、投資先スタートアップとのカジュアル面談(直接面談希望の連絡が来る場合もあります)などを通じて、未来のユニコーン候補について、理解を深めることができます。
Peatixでの本イベント登録を通じて、Coral Communityへの登録も同時に完了します。


注意点

・参加者多数となった場合は、抽選とさせていただく場合もございます。
・営業・人材紹介・飲食目的の方のご出席はお断りしております。ご了承ください。
・その他、事務局が不適切と判断した場合は、ご入場をお断りさせていただく場合がございます。
・ご登録いただいた情報は、上記Coral Communityへの登録に加え、登壇企業のマネーフォワードグループ、株式会社Holmesの採用目的に参照されることがあります(カジュアル面談希望の連絡等が別途発生する可能性があります)。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#491480 2019-11-06 06:43:52
More updates
Mon Nov 11, 2019
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
通常チケット SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
千代田区大手町1丁目6−1 Japan
Organizer
Coral Capital
2,632 Followers